買取り店の「サークル●ン」でシャネルのバッグを売却した時の話

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、シャネルのバッグを売った方の体験談をご紹介します。

実際の買取金額や、買取り店の選び方、査定内容、売るまでの流れ等がわかる体験談です。

 

正当なブランドバッグを購入する為に訪れたシャネルブティック

私は、広島市佐伯区在住の54歳、女性、今は専業主婦をやっています。

今から9年前に、母と百貨店を歩いている時に、仕事でオーストリア・ウィーンに仕事で行くことがきまりました。

今回は日本大使館の表敬訪問があるということで、正当なバックを買おうということになり、シャネルブティックへ入りました。

またそのシャネルブティックには気の合うマネージャーがいて、気分も高揚して、洋服まで購入し、さらにドレスはどう?と言われました。

それこそ広島にはドレスを着て行くパーティがないことをマネージャーに伝え、自分が手に入れなくてはいけないバッグへ案内してもらいました。

 

シャネルマークが軽くデザインされているバッグを購入

私は、手帳や化粧品などといった小物をたくさん持って歩くので、大きすぎず、品のいいものを探していました。

まず、遠くから、ずら~っと並んでいるバックを見ます。

それから自分の考えている条件にあったバッグを何個かピックアップして、また遠くから見て、輝いているもの、もしくは「私を買って!」と私を呼んでいるものを選ぶことにしています。

黒のいつものシャネル!といったバックは避けて、少し大きめでベージュでシャネルマークが軽くデザインされているバッグを買いました。

値段は40万~50万円の間だったと記憶しています。

 

広島市にある「サークル●ン」の買い取り査定価格

普段もつと重たいというのと、前の夫と一緒に行った海外出張だったといったこともあり、早く手離したいという気持ちで、サークル●ンで買い取ってもらいました。

その当時買って1年、そのバックを使ったのは海外出張のみとピッカピッカでした。

サークル●ンを選んだのはテレビコマーシャルを見たからです。

しかし、バッグ1点持込み、待ち時間なんと30分。心の中は早くして欲しいという気持ちでいっぱいでした。

そして私の持っている番号が呼ばれ、男性がにがい顔をして、

「いいものですね。新しいしいい物です。でもこういったシャネルが大々的に出てないバッグはあまり売れないんです。どちらかというとヴィトンとかシャネルでも金のシャネルマークがついていて、一目見て「ああ、あのブランドだ」と、誰が見てもわかるものを人は選ぶんです。だからこれは35000円ぐらいですね」と言いました。

 

他の買取り店を調べることもなくそのまま売却

あまりにも安すぎると思った私は、「もう少し1万円ぐらいプラスしてもらえませんか?きちんと黒のシャネルだというカードもあるし」と言いました。

無表情な男性に「それが嫌だったら他へ行かれた方がいいんじゃないですか?」といわれ、しぶしぶそのバッグを売りました。

他の買取り屋さんを調べた方がいいなと思いながら、およそ50万のバッグがたったの「35000円」をもらい泣きそうになりながらサークル●ンを後にしました。

サークル●ンは安い、今では絶対にサークル●ンは買取り屋さんから外れています。

このシャネルバッグを売った理由は、会社をやめた次の年の税金が山のように来て困ったからです。

翌年の税金のことまで考えずに、会社をやめた私はもう情けないの一言につきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、他にも多くの体験談を掲載していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

ちなみに、管理人はいろいろ試した結果、ブランド品を売る時はブランディアの宅配買取を利用しています。

ブランディアの公式サイトはこちら