ブランド買取り店の「RAG-TAG」でpatagoniaのインファーノ・ジャケットを売却

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、patagoniaのインファーノ・ジャケットを売った方の体験談をご紹介します。

実際の買取金額や、買取り店の選び方、査定内容、売るまでの流れ等がわかる体験談です。

 

ワンサイズ大きいpatagoniaのインファーノ・ジャケット

こんにちは!僕は都下に住む21歳の大学生です。先日、生まれて初めてブランド品の買取をしてもらいました。

日頃ブランド品には縁遠い僕ですが、アルバイトで貯めたお金で奮発し、patagoniaのインファーノ・ジャケットを購入しました。

有名アウトドアブランドの撥水・防風性に優れた裏フリース付きのジャケット、38,000円。

渋谷・原宿の間、キャットストリートにある直営店にて試着をして買ったのですが、ワンサイズ大きいんです。

不慣れな高級品の購入なので、緊張していたのかも…。ともあれ、数回着用した後に違和感を覚え始めたため、使用後に付き交換も出来ません。

せっかく欲しくてたまらなかったものを手に入れたのに、それを着る度にテンションが下がります。

サイズが大きすぎても、もちろん機能的には申し分なく、突然の悪天候でも力を発揮します。ただ、見た目を気にする僕はサイズの違和感を覚える度に、後悔の念にかられるのでした。

 

友人に聞いたブランド買取り店「RAG-TAG」に確認電話

ある日、登校の途中、大学の友人にそのジャケットを褒められたことがありました。その時、サイズを間違えて気にしていることも話したのです。

すると友人は「RAG-TAG」と言うブランドの買い取りをしてくれるお店を紹介してくれたのですが、僕も知っていました。

ただし、あくまでコム・デ・ギャルソンやポール・スミスなどハイブランドの買取・販売店として。ですが友人曰く、アウトドアブランドやストリート系のブランドの取り扱いもあるらしく、そこで買い取ってもらうのはどうかと考えはじめました。

半信半疑だった僕は、お店に電話で確認しました。

すると、友人の言うようにアウトドアブランドの取り扱いもあるようで、patagoniaも買取ブランドの一つだとのこと。

敷居は高いけどここは思い切って査定に出そうと思い、ジャケットを大きなショッピングバッグに詰め、お店に向かいました。

 

買い取り査定のお店の雰囲気

店内に入ると、大きなフロアに多種多用な商品が並び、様々なファッションに身を包んだ人たちが服やバッグを吟味していました。

みんな着るものにこだわりがあるらしく、とても個性的で人目を引きます。

僕にとっては完全にアウェイで、ドキドキしながらスタッフの方に買取の査定をお願いすると、別室に通されました。

個室の中は約2m四方に仕切られており、中央のカウンターを挟んで、お店の担当者さんと僕が周りを気にせず話ができるようになっています。

 

シミで買取不可のためシミ抜きしてお店で売却

担当者さんは笑顔で僕を案内してくれて、少しリラックス。ただ、本題の買取査定に問題が!ジャケットの袖に、小さなシミがついており買取不可になってしまったのです…。

意気消沈する僕に、担当者さんは「シミさえなけれ買い取れるから、また来て下さい。」とアドバイスをしてくれました。

一旦退却し、洗濯。その後シミが取れたことを確認し、再度お店へ。

今回は査定も無事通り、6,000円で買い取って頂きました!

正直、金額についてはもう少し高くなると思っていたのですが、買取不可だったことを考えれば、なかなかの金額。ヒントをくれたお店の担当者さんに感謝です。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、他にも多くの体験談を掲載していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

ちなみに、管理人はいろいろ試した結果、ブランド品を売る時はブランディアの宅配買取を利用しています。

ブランディアの公式サイトはこちら