ルイヴィトンの財布を神戸にある「大黒」で買取り査定してもって売却した

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、ルイヴィトンの財布を売った方の体験談をご紹介します。

実際の買取金額や、買取り店の選び方、査定内容、売るまでの流れ等がわかる体験談です。

 

不要になったルイヴィトンの財布を買取りに出す

売った当時の年齢は30歳、男、会社員、神戸在住。売った商品はルイヴィトンの財布。

もう、随分使ってなかったのと買った当時は若干のブランド志向があったので、幾つかのブランド品と呼べるものを持っていました。

ですが、ノーブランドでもっと皮が厚くて扱いやすい財布も見つけ、こっちの方がいいなぁと思うようになり東急ハンズで売っていた1万円ほどの財布を使っていた。

結果、財布は不要となってしまい売ることと相成なった。

 

神戸の「大黒」で買取査定後に価格交渉

たしか家の近所の大黒という買取屋だったと思うのだが、ちょうど売ろうと思って店を探している時に店の前でチラシを配っていた。

お姉さんの笑顔が素晴らしかったというわけではないが、なんとなく爽やかだったので店に入ることにした。

たしか査定が4万ほどだったように記憶しているのだけれど、結構頑張って4.5万まで釣り上げた。この5000円が自分の中では非常に大きな割合を占めたわけだ。

なので売ることにした。決め手は意外に綺麗だったことそして箱と袋が付いていたことだった。いやはやとてもありがたい。

 

中古ブランドショップは需要がある

兎にも角にも安心して売却できたが、こういった買取屋というか中古のブランドショップは、今後も需要のある業界なのだなぁと改めて思いましたね。

まず一つは、自分のいらないものを買ってくれるという一つの安心感。これはとても大事だ。

もう一つは、買取の金額がそれなりに定められていてこんな金額!!というようなことがないことだ。

例えば身近な後輩にブランドものの財布を売ってやるって言ったものなら大変だろう。すぐに値切られる。下手したらただにされて缶コーヒーでもおごってやったぜなんてなことを言われかねない。

 

自分の売却した値段より高く売られていると妙な気分

そこへ行くと買取屋であれば金額はある程度のマニュアルがあるにせよ、ある程度のこちらの思い出価格とでも言おうか?そういったものを加味してくれて良いかなと思う。

ただ、後日たまたまその店の前を通った際に、私が売却した財布が売られていた。確か金額は、は70000円は超えていた。

まぁ、そうよな。当たり前よな。商売だもん。と思ってはみるものの自分の売った商品が後で売られていて、しかも自身の売却した金額よりも高いと、なんとなくではあるが妙な気分にさせられる。まぁ、仕方ないんですけどね。

実はその後もそこの買取屋は使わせてもらっている。最近では結婚して子供もできてブランドものを買うことはなくなったけど当時は財布、ペン、カバンと幾つかの物はもっていたので重宝はしましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、他にも多くの体験談を掲載していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

ちなみに、管理人はいろいろ試した結果、ブランド品を売る時はブランディアの宅配買取を利用しています。

ブランディアの公式サイトはこちら