PINKY & DIANNEの財布2つをハードオフで買取りしてもらった時の話

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、PINKY & DIANNEの財布2つを売った方の体験談をご紹介します。

実際の買取金額や、買取り店の選び方、査定内容、売るまでの流れ等がわかる体験談です。

 

PINKY & DIANNEの財布2つを買取りに出した時のこと

私は青森県在中の26歳女性で、現在の仕事は事務職をしています。今はしっかりと仕事に就くことができていますが、1度転職していて、今の就職先に決まるまでに少し時間がかかりました。

その時に収入がなくなってしまったため、使わなくなったブランド品などを売っていたことがあります。

私が売ったブランド品はPINKY & DIANNEの財布です。長財布と二つ折りの財布の2種類を売りました。

長財布は大学入学時に親戚からもらったもので、具体的な金額はわかりませんがだいたい12000円くらいだと思います。素材は皮で、色は淡いピンクでシンプルなデザインのものです。

二つ折り財布のほうは、在学中に自分で購入したもので8000円くらいの金額でした。素材はエナメルで、色はピンクゴールドでP&Dのロゴが凹凸で見えるデザインのものです。

 

青森にあるハードオフでの買い取り査定価格

自分で買ったものはともかく、親戚からもらったものを売るのはどうかとも思ったのですが、その時は別の財布を使っていて、その後使うこともないと思ったので、売ることを決めました。

売却先は近所のハードオフです。

ブランド品の財布などが中古で売っているのを何度も見かけていて、その中にPINKY & DIANNEの財布やバッグもあったので、ここならそれなりの金額で売れるのではないかと考えたからです。

実際に店舗に財布を持っていって、買い取りを頼むと、少し査定時間はかかりましたが、すぐに査定してもらえました。

金額は長財布の方が3000円ほど、二つ折り財布のほうが1500円ほどでした。

 

査定の説明を受け納得して売却

店員さんから金額の理由について話がありました。

まず状態が少し使用感があるので、少し買い取り金額が下がってしまうということ。

あと、ブランド物の財布は新しいものが次々と出てしまうので、古いタイプのものは状態がよかったとしても買い取り金額は少し下がってしまうということでした。

その点に関してはどちらも納得できる理由だったので、そのまま買い取り承諾をして、無事に売ることができました。

 

ブランド品高価買取のコツ

ブランド品を売ったのはその時が初めてだったので、ブランドだともう少し元の金額に近くなるのではないかと思っていました。

しかし、流行りなどもあり、意外とブランドというだけでは高いまま売ることができるわけではないようです。

ブランド品を高く売りたいのであれば、状態を良く保つことはもちろんですが、あまり古くならないうちに売ることが大切になってくると思います。

どんどん新しいデザインが出てしまうので、できるだけ新しいデザインであるうちに見極めて売ることで買い取り金額を高くしてもらえるのではないかと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、他にも多くの体験談を掲載していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

ちなみに、管理人はいろいろ試した結果、ブランド品を売る時はブランディアの宅配買取を利用しています。

ブランディアの公式サイトはこちら