ルイヴィトンのシューズバッグを査定・買取りしてもらった話

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、ルイヴィトンのシューズバックを売った方の体験談をご紹介します。

実際の買取金額や、買取り店の選び方、査定内容、売るまでの流れ等がわかる体験談です。

 

パリで購入したルイヴィトンのシューズバッグ

23歳の時、初めて行ったパリでルイヴィトンのシューズバッグを買いました。当時の価格で4、5万円だったと思います。なぜ普通のバッグにしなかったと言うと、私は靴が大好きだったので、あえてシューズバッグを選びました。

その後派遣のお仕事をする様になりましたが、決してお給料は良くありませんでした。一人暮らしだったので、家賃や生活費などをのぞくと手元に残るお金は数万円くらいしかありませんでした。

せっかく買ったルイヴィトンのバッグはと言うと、普段の洋服と合わなかったため、タンスの肥やしになっていました。いつか靴を入れようと思い購入したにも関わらず、実際に靴を入れる勇気はありませんでした。

そこで26歳の時、普段からファッション代や彼とのデート費用がいつも足りなかったので、今使っていないならこの先も使う事は無いと思い、意を決して売る事にしました。

 

ブランド買取り店のかんてい局での査定価格

私の住んでいる東海地方にもいくつかの買取業者がありましたが、近場にあった「かんてい局」にもって行く事にしました。買取コーナーへ行き査定が始まりました。ドキドキしながら結果を待つ事5分、査定額が出ました。

「34000円です。」正直安いと思いましたが、定員さんに今は同じタイプのバッグがないのでいつもよりは上乗せされていることと、次回来たときはまた査定額が変わることを聞き、悩みましたが結局了承しました。

売る前と売った直後はやはり寂しかったです。使ってはいませんでしたがパリとの思い出がたくさん詰まっているバッグです。

私にとって初めての経験だったので、交渉などろくにできず、他の買取業者でも査定してもらった方が良かったのかも知れないと言う後悔も少しありましたが、きっと良い査定額だったのだと自分に言い聞かせ納得する事にしました。

でも、しばらくすると気分がスッキリしたのも覚えています。

 

宅配買い取りを利用してのブランド品売却について

当時は店舗へ売りに行く方法しか知りませんでしたが、37歳になった現在では家に居ながら宅配で買い取りを行ってくれる業者がある事を知り、当時よりも気軽に吟味して買い取り交渉をしてもらえる様になったと思います。

実際に宅配での買取も利用していますが、服などを売る合でも数社に見積もりを取ったり、その買取業者の得意分野をリサーチしてからより高く買い取ってもらえる所に売るようになりました。

家に大切に眠っているブランド品を手放す時は、買った時の思い出がよぎってしまいますが、使っていないものは価値が下がってしまう可能性の方が多いですし、最悪劣化して使い物にならなくなってしまう可能性もあります。

他の方に使ってもらえた方がブランド品も喜ぶと思いますので、これからも賢く使っていきたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、他にも多くの体験談を掲載していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

ちなみに、管理人はいろいろ試した結果、ブランド品を売る時はブランディアの宅配買取を利用しています。

ブランディアの公式サイトはこちら